2017年3月21日火曜日

"A song for Takae, Higashi Village, Okinawa" (cover)










「沖縄県東村高江の歌」

(作詞曲: 七尾旅人)



その町には 武器なんて似合わない(ほら、ほら)
その町には 棕櫚の木が揺れてた (ほら、ほら)

通りすがりの僕だけど すぐにわかった

その町では 子どもたちがいつも (ほら、ほら)
目を輝かせ 風の歌を聴いてるさ (ほら、ほら)

その町には 武器なんて似合わない(ほら、ほら)
その町には 笑顔が似合うのさ  (ほら、ほら)

通りすがりの僕だけど まるでここでは

その町では 家族みたいだった
声を弾ませ 打ち明け話をしたさ



-------------------------------------



"A song for Takae, Higashi Village, Okinawa"

(song by Tavito Nanao)


Weapons don't suit the town (Hey, hey)
The town where palm trees sway in the wind (Yeah, yeah)

Even though I'm just a passer-by, I realized it straight away

In that town, the kids are always (Hey, hey)
Listening to the song of the wind with shining eyes (Yeah, yeah)

Weapons don't suit the town (Hey, hey)
Only a smile fits in there (Yeah, yeah)

Even though I'm just a passer-by, here I was...

There I was like a member of the family
Our voices raised, when we were sharing confidence...








-------------------------------------





2012年に沖縄ツアーへ行った時に初めて高江という集落を訪れ,
その土地での2回のライブでこの曲を唄う機会があった。
(今思えば歌詞の一部を勝井祐二さんが一緒に唄うというレアなものだった)

七尾旅人さんの, あつく優しく揺るぎない思いが身体からこぼれたようなこの曲。

まさかベルリンで, しかもなにも風邪で寝込んでいる時に録音しなくてもいいのではと自分でも思うけれど, 瞬間の熱量というものには, どうやら触れて確かめるしかないみたいだ。
いつものように通り過ぎて行くのをただ目で追うことが, できない。

その時の沖縄ツアーを企画してくれたギタリスト・石原岳さんに改めて感謝。




やんばるの森が強い風に唸るのが聞こえるようだ。




I sang this song with envisioning my precious people and place.






2017年2月20日月曜日

写真日記 - Something like letter to you


Live Postscript ライブ後記



-- Muriwui, Tokyo, Japan


















































大好きな場所があるって嬉しい。
やわらかな笑顔で「おかえり」と言われる心地はなんと例えればいいものか。
ここならではの, 束の間のひとりで夕陽を眺め物思いにふける贅沢な瞬間。

muriwuiさん, 勝井祐二さん, 来てくれたみなさん, 本当にありがとう。




-- Minami Diversity Festival, Osaka, Japan



(写真はどなたかからお借りしましたがお名前を失念してしまいました...)






Diversity - 多様性(とその必要性)を常に感じずにはいられない街のひとつ, ベルリンに暮らすようになって Respect 尊重 の意味を改めて考え直すようになった。

不正にはNOと言い, 笑顔を忘れず非暴力でユーモアを忘れない。
これらのことはこれまでに行った色々な場所で自然発生的な共通認識としてあったのだけど, どこの土地でもそういった人々は逞しく優しく, そしてかっこいい。
そうでありたい。勇気のいることだけれど。



心がかたまり言葉がでてこなくなった時期を少しずつだけれど越えていっているのろまな歩みの最中。


でも, それでも元気です。とても。




--------------


TOKYO



















GIFU






























--------------


Busan, South Korea


















友達の子どもに会いに行く時はいつも胸が躍る。
子どもは幸せな気持ちになる魔法を持っているかのよう。

瞬間瞬間で, すさまじく様々な感情を覚えていっているんだろう。時に おとな がうろたえるような感情を爆発させるけれど, その時々に おとな がどう接するのかを見られてもいるんだろうな。ハッとさせられることが多い。


できることなら, 友達の子どもみんなに会いに行きたい。
ひとりひとりの成長を見守りたい。


 





















--------------

































At this place, I pray and mourn the people who died in the attack at the end of last year.